データで見る相続
データで見る相続
文書作成日:2021/03/20


 2020年(令和2年)12月に各国税局(沖縄は国税事務所、以下、局)より、相続税の課税割合に関する発表(※)がありました。ここではそれらの発表から、局別に相続税の課税割合をまとめました。




 全国の相続税の課税割合は、2013年度(平成25年度)税制改正で相続税の基礎控除額の引き下げなどが行われたことにより、2015年(平成27年)分に8%に達しました。その後も8%台で推移しており、2019年(令和元年)分では8.3%になっています。2011年分の2倍以上です。




 国税局別の課税割合の推移をまとめると、下表のとおりです。



 2019年分の課税割合は東京が13.1%で最も高く、次いで名古屋が11.0%となりました。この2局は2015年分以降、10%超の状態が続いています。一方、課税割合が最も低いのは熊本で3.9%です。次いで、札幌が4.1%、仙台が4.2%です。この3局は課税割合が5%未満の状態が続いています。

 年間の死亡者数は増加を続けており、相続に関わる方は増加しています。いざという時にあわてないように、備えておくことが大切です。

 相続に関する不安や疑問のある方は、お気軽に当事務所にご相談ください。


(※)各局発表の「令和元年分 相続税の申告事績の概要」
 各年分、10月31日(2019年分は2020年11月2日)までに提出された申告書(修正申告書を除く)データに基づき作成したものです。各局のページから、それぞれ確認いただけます。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
税理士法人アスク会計
〒890-0041
鹿児島県鹿児島市城西
1丁目6番8号
TEL:099-256-2211
FAX:099-250-7833
 
 
持続化給付金申請はこちら
持続化給付金
持続化給付金の試算
シミュレーションツール

コロナ関連について
経済産業省

鹿児島県

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策における税制上の措置(案)について

新型コロナウイルス総合相談窓口鹿児島商工会議所

ソフトダウンロードはこちら